トップページへ

メリット

  • 永久歯を抜歯する可能性が減る

    永久歯の抜歯を減らせる

    早いうちからの矯正で、口周りの筋肉のクセなどをとっていくことできちんと発達をするようになります。 これにはトレーニングなどが欠かせませんが、顎が正常に発達することによって抜歯しなければならない永久歯が減ることも考えられます。

  • 顎の左右のバランスが整う

    顎の左右のバランスを整えられる

    顎の成長期に左右のバランスが悪いと片方でばかり噛んでしまうことがあります。 それによって顔の左右のバランスが崩れることがあります。 早いうちから噛み癖を直すことでバランスよく成長できるようになります。

  • ワイヤー矯正(ブランケット矯正)の期間を短くする

    ワイヤー矯正の期間を短くできる

    永久歯が生えそろってからと、その前から治療を開始する場合ですとやはり治療にかかる期間が変わってきます。

デメリット

  • 治療期間が長く高額である

    歯列矯正が高額

    矯正に時間がかかるのは、ゆっくりと矯正装置で歯を動かすからです。 急に力を加えることは望ましくありません。また矯正治療は保険が利かない治療である為どうしても高価になってしまいます。 時間とお金のいる治療ですから矯正を受ける本人とご家族の協力が必要です。

  • 痛みを伴う場合がある

    痛みが伴う場合も

    矯正治療は歯を動かす治療であり、痛みが出る場合もございます。通常、矯正装置をつけてからだんだんと痛みは減っていきますが、耐え難い痛みであったり先生から伝えられた経過と違ったりと万が一のことがあれば当院までご連絡ください。

  • 永久歯を抜歯する可能性がある

    永久歯を抜歯してしまうことも

    矯正の段階でどうしても永久歯を抜くことになる場合も考えられます。 もちろん勝手に抜くといったことはありませんが、矯正専門医としっかり相談してご本人・ご家族の間でも話し合って治療方針を決定してきましょう。

top