トップページへ *

シーラントとは?

虫歯予防のシーラントの仕組みとは

シーラントはフッ素塗布と並んで小児によく行われる虫歯の予防処置です。 処置として、奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることになります。 主に生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。

「シーラント」のメリットとは?

以外に優秀なシーラントのメリット

■溝を埋めて虫歯予防

フッ素配合のレジンという素材で歯の溝を埋めることで食べカスや汚れが溝に入らないようにして虫歯を防ぎます。

シーラントができる場所

■生えたての永久歯を守ります

シーラントを行うタイミングは、奥の永久歯が生え始めた時が目安になります。生えたばかりの永久歯は歯質や、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があります。シーラントをすることで虫歯を遠ざけることができます。

「シーラント」のデメリットは?

シーラントが外れてしまう

■外れる可能性があります

歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。なのでまだ大人になる前に取れてしまうこともあります。定期検診などでチェックしてもらい、必要があれば処置を施してもらうようにしましょう

しっかりお口が開かないと治療できない

■口を一定時間開けていられるお子様が対象です

シーラントはあくまで虫歯の予防処置です。無理やり嫌がっているこどもを押さえ付けて行う必要はありません。歯医者にあまり慣れていないお子様はフッ素塗布を定期的に行うことで虫歯予防につながります。

シーラントの費用は?無料?

愛知県内にお住まいの中学生は無料で受けられます

シーラントは保険診療です。日進市、あるいは愛知県内にお住まいで中学校を卒業するまでの方は「医療費受給者証」と保険証をご提示していただくと保険の範囲内でしたら0円で処置が可能です。もし、シーラントが外れてしまっても安心して再度治療を受けていただくことができます。

愛知県外にお住まいのかたは、市町村のホームページなどで小児医療費の該当ページを確認してください。

シーラント処置の流れ

当院では1回の来院で約2本の歯づつにシーラント処置を行います。処置前の掃除から、シーラント完了まで30分程度で終了します。

処置をする歯をきれいに掃除します

しっかり歯をキレイに掃除します

歯の汚れを機械や歯ブラシで落とします。汚れが残っているとシーラントの下から虫歯になる可能性がでてきます。

シーラント剤を歯の溝に流し込みます

シーラントを歯の溝に流し込む

歯の溝にシーラント剤を流しこみ、光を照射して固めます。最後にしっかり固まっているのかチェックして処置は完了になります。シーラント後は飲み物や食事などしていただいても構いません。

虫歯を予防する為には

セルフケアと定期健診が大切です

シーラントを行えば絶対に虫歯にならないという処置ではありません。 日々の歯みがきのケアや、定期的な歯医者でのチェックを行うことでより虫歯予防の効果を高めることが出来ます。 日進赤池たんぽぽ歯科では歯科医師・歯科衛生士がお子様が虫歯になってしまわないように丁寧に施術、ケアの指導をさせていただきます。
しかし、定期的な検診のみでは限界がありますので、ぜひご家族の方々が日々お子様のお口の様子を観察し、気になる症状があればご連絡してくださることがお子様の口腔内の健康につながります。

web予約はこちらから
clinic news

top