トップページへ *

妊産婦歯科検診について

妊産婦

当院では、妊娠中の方を対象とした妊産婦歯科検診を実施しています。 実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌がいません。 虫歯菌を赤ちゃんに移さないためにも、妊娠中からお口の中を清潔かつ健康にすることが大切です。 受診券と健康保険証をお持ちいただければ無料で受診できますので、 お母さんと生まれてくるお子さまのために、歯科検診を受けましょう。

検診内容

■対象者

・日進市に住民票を有する妊婦
・産後1年以内(生まれてきたお子さんが1歳の誕生日を迎える前日まで)の方

■内容

一般歯科診査、歯周疾患検査
(歯・歯肉の状態、歯垢・歯石の付着状態などの確認)

■料金

無料
※その他の診査、処置、治療を受ける際は自己負担となります。

■受け方

1. 母子健康手帳と一緒に受診票が交付されます。

2. 当院まで妊産婦歯科検診の予約をします。

3. 当日、母子健康手帳と受診券を持参のうえご来院ください。
(当院が母子手帳に記録をします。)

■期限

出産日から1年未満

■その他

・必ず事前に当院までお問い合わせください。

・転入された方は、母子健康手帳を持参のうえ保健センターにて受診票をお受け取りください。
※ただし転入前に公費による妊産婦歯科健康診査を受けた方は対象となりませんのでご注意ください。

妊娠中の方へ

妊娠中は虫歯になりやすい

妊娠中は虫歯になりやすい

妊娠によるホルモンバランスの変化や、つわりのためにお口の手入れが不十分になってしまうなど、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい時期です。日頃のケアに加えて、一度歯医者でお口の中を確認することも大切です。

生まれてくる赤ちゃんにも影響が

虫歯の乳歯

実は、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。スプーンやお箸などを介して、大人の虫歯菌が赤ちゃんのお口の中に入ってしまうと虫歯になってしまう恐れがあります。赤ちゃんが生まれる前、妊娠中から虫歯を予防することが大切です。

妊娠4か月頃の受診がおすすめ

受診している妊婦さん

受診のタイミングとしては、つわりを過ぎた妊娠4か月頃(16~27週目)がおすすめです。この時期であれば、仮に悪いところが見つかったとしても安定期の間に治療ができるからです。

検診を希望される方へ

「妊娠中に歯医者へ行くのは不安」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。検診を希望される方、何か気になることがある方はお気軽に当院までお問い合わせください。

web予約はこちらから

top