日進の歯医者なら日進赤池たんぽぽ歯科 メニュー

インプラントって?

インプラント一本を35~40万で受けられる

インプラントは60年ほど前からよく行われている治療です。最近になってインプラント専門歯科が開院するほど普及しています。 一昔前は、インプラントは価格競争が繰り広げられていましたが今は安心や安全を第一に考えた治療を行うのが主流となっています。 当医院でも、体に適合しやすい素材のインプラントを使用したり、精密な検査を行ったりして患者様が「インプラントを入れてよかった」とずっと思っていただけるような手術ができるように配慮しております。

インプラントと入れ歯・ブリッジの治療で迷われている方に

歯を失った悲しみは非常に大きいものです。一刻も早く治療を進めたいという気持ちもとてもわかりますが歯は毎日使う大事な体の一部です。ですからきちんとそれぞれの治療ごとの特徴を把握して治療に望んでいただきたいです。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
噛み心地
(個人差あり)
自然歯に近い噛み心地 自然歯と比較して劣る。堅いものがかみにくい 自然歯と同様に近い噛み心地
治療期間 最低でも半年 最低1ヶ月程度の治療期間は必要です。(来院回数3~4回以上) 治療期間には10日以上になります。(来院回数2回以上)
周りの歯への影響 ない。周りの歯に負担をかけません。 ある。入れ歯の金具を引っ掛ける歯に力がかかる為に弱る可能性があります。 ある。両隣の健康な歯を削る必要があるからです。
手入れ 毎日の歯ブラシと定期検診 毎食後入れ歯の掃除をするのが望ましい 毎食後入れ歯の掃除をするのが望ましい
費用 保険 なし 1本3000円ほど 1本3000円ほど※最低3本以上から
自費 1本あたり35万円~40万円程 1本7万円~15万円 1本7万円~15万円※最低3本以上から
全て、見た目や機能性を求めると、1歯の欠損に対して同程度の価格になります。
診療の流れ・料金はこちらから

インプラントはなぜ高いのか?

インプラントには5つのメリット

材料が高価

高価な材料

インプラント素材はなるべく体に適合しやすいものを選んでいます。インプラントの場合ですと術後に、歯周病のような症状がでてしまう方もいらっしゃいます。そういった症状が起きにくい加工が施されたインプラントを使用しています。

インプラント手術を行える環境が必要

インプラント手術を行える環境

十分なシミュレーション後に歯茎を切開し、ボルトを埋め込む手術が行われます。その為にはインプラント技術習得の為に講義を受けたり、設備をそろえたりする必要があります。

滅菌をいつも以上に徹底して行う

滅菌を徹底的に行う必要がある

インプラントを行うためにはいつも以上に器具や、手術する環境に気を配る必要があります。手術する医師も使い捨ての手術衣を着用し、インプラント手術に望みます。

保証制度を充実させています

10年間の充実した保証制度

当医院ではインプラントの保証期間は10年と定めています。インプラントが長く持つか不安に思う方が多くいらっしゃると思いますので他の自由診療の場合と比較し、5年長く設定しております。

保険が適用されない

支払い負担を減らせるデンタルローンとは

保険診療とは、生活が最低限できるようにする治療が適用範囲となります。インプラントは、よりよい噛み心地、審美性を追及した治療になるので保険適用の範囲外の治療となっています。

医療費控除で医療費が返ってくる?

インプラント保証内容

日進赤池たんぽぽ歯科はインプラント10年保証があります。 年数が経つにつれて、患者様負担額が変わってきます。

治療終了後 負担率
医療負担 患者様負担
2年以内 100% 0%
2年越~4年以内 80% 20%
4年越~6年以内 60% 40%
6年越~8年以内 40% 60%
8年越~10年以内 20% 80%
10年越 0% 100%

インプラントのメリット

  • 噛み心地が自然の歯と同程度なこと
  • 周囲の歯に悪影響がないこと
  • 高い審美性

ブリッジ・入れ歯はどうしても健康な歯に影響を及ぼしますが、歯を削るともう元には戻りません。 インプラントの最大のメリットは、周りの歯へ影響しないことが挙げられます。 仮に、ブリッジを自由診療の白いもので行うと、最低でも21万円となります。 患者様ご自身にとって本当に求めるメリットは何であるかを考えていただく必要があります。

日進赤池たんぽぽ歯科のインプラントは安全手術を目指しております

手術を伴う治療はだれでも不安になります。 「インプラント治療を受けてよかった」と患者様に言っていただける為には、検査やシミュレーションを重ねてから手術に挑む必要があります。 インプラント治療は、よくわからないから受けたくないという方の為に、当医院での取り組みをご紹介いたします。

  • CTを完備した

    レントゲンだけでの診断は致しません!

    インプラントというのは顎の骨に埋入する手術です。平面のレントゲンだけでは、情報が不十分な可能性もあります。当医院では3Dで診断できるCTを完備して患者様の骨格を把握いたします。

  • シミュレーションソフトの診断

    シミュレーションソフトでの診断を行います。

    実際の手術の前に、CT画像を取り込んで埋入のシミュレーションを行えるソフトです。インプラント施術を安全に行うために、こういったソフトでシミュレーションをすることは欠かせません。

  • インプラントを埋めるときに狂いを限りなく少なくできます

    インプラント埋入時の狂いを極めて少なくします。

    手術前に、患者様の歯の模型を使用して透明のステントを作成いたします。このステントに実際の手術で埋入する位置に穴を開けておきます。術中はそうすることでステントをガイドに手術を進めることが出来るのです。

  • インプランターを使うことでブレを減らせる

    人の手の感覚だけに頼らない埋入手術。

    インプランターと呼ばれる顎の骨にインプラントを埋入する穴を開ける機械です。インプランターには精密機械が装備されており、人の手だけでドリルを使用するとどうしても生じてしまうブレを軽減するのです。

  • 歯周病の予防

    インプラント埋入後の歯周病を予防いたします。

    当医院で使用するインプラントは、歯肉と結合いたします。歯肉との間が空いてしまうほどそこへ汚れが溜まりやすくなり、歯周病が進行する原因になりえます。

インプラントはメンテナンスが重要!?

インプラントは噛めるだけでなく、周囲の歯を守る治療

永久歯を失ってしまった時に噛む力を取り戻すだけではなく、周囲の歯を健康に保ち、必要以上に歯を失わない為の治療がインプラントです。 例えば入れ歯やブリッジでは、その歯だけでなく周辺の歯もいずれ失う可能性が高くなります。 適切なインプラント治療を受ければ「第2の永久歯」と呼んで差し支えないものになります。 しかし、当医院が歯を失ってしまった方全てにインプラントを勧めるかと言えばそうではありません。 歯茎や周りの歯の状態まで検査して、その方にとって最適な治療法がインプラントであった場合に提案致します。

メンテナンスがインプラントの寿命を左右する

インプラント治療は、インプラントを打つことよりもその後のメンテナンスが重要です。 メンテナンスでは口腔内の検査と掃除以外にも、噛み合わせの調整があります。 インプラントはほんの少しズレがあると予後が悪くなる可能性が高いため、噛み合わせ調整がとても大切です。 これらを定期的に行うことでインプラントが一生自分の歯のように機能するのです。

recruit news

top