日進の歯医者なら日進赤池たんぽぽ歯科 メニュー

医療費控除で税金の一部が戻ってきます

年間の医療費が10万円を超えると税金が一部戻ってきます

医療費が年間10万円を超えると、税金が一部戻ってきます! 1年間(1月1日~12月31日)の間で、自分自身と扶養家族がいる方なら その家族で支払った総医療費が10万円を超えた場合には、納めた税金が一部戻ってきます。 これを医療費控除と呼びます。 もしその年に申告し忘れてしまっても、5年前までならさかのぼって医療費控除を申告することができますので、 昨年し忘れてしまったという方もご安心してください。

医療費控除に該当する治療

基本的には病気の治療にかかった費用が控除対象です!

控除対象になるもの

  1. 1.診察にかかった治療費
  2. 2.処方された医薬品(ただし、治療に必要な医薬品のみ)
  3. 3.病気の治療の為に購入した市販の医薬品
  4. 4.通院の為に使用した公共交通機関の費用

控除対象にならないもの

  1. 1.健康増進のために購入したサプリメントなど
  2. 2.美容整形
  3. 3.病院まで自家用車でいった場合のガソリン代・駐車場代

歯科で行われるインプラント治療、矯正治療、
セラミック治療は控除対象?

これらの治療が

《審美性のみを求めたものではなく、噛む機能を取り戻すための治療》

であれば控除対象になります。 歯を失ってしまった方、噛み合わせが悪く食事がしづらいなどの場合では医療費控除の対象となります。

戻ってくる税金は、所得税と住民税の2種類

■医療費控除の計算方法

医療費控除を行うと所得税と住民税に影響があります。
これが医療費控除で戻ってくる金額の計算式です。

医療費×税率=還付金 医療費×税率=還付金

【所得税率(平成29年現在)…総所得金額に対する税率】

課税される所得金額*1所得税率
195万円以下5%
195万円を超え~330万円以下10%
330万円を超え~695万円以下20%
695万円を超え~900万円以下23%
900万円を超え~1,800万円以下33%
1,800万円を超え4,000万円以下40%
4,000万円超45%

※出典: 国税庁ホームページより

*1 総所得ではなく、家族の内一人の所得が対象となります。

■所得税、住民税はどのくらい戻ってくるのでしょうか?
 上記の式に金額を当てはめて考えてみましょう。
 医療費35万円・保険金等の補填なし・1年の所得が400万円(所得税率20%)の場合

医療費×税率=還付金

所得税は・・・

所得税の例

住民税は・・・

住民税の例

■所得税は医療費控除を申告してから数ヵ月後に口座に還付金が振り込まれます。
■住民税は確定申告した後その年の6月からの住民税の金額で調整がされます。
その年の6月から12ヶ月間かけて、住民税の天引きの金額を調整します。

いつ、どのように医療費控除の手続きを行う?

■時期内できちんと申告しましょう

医療費控除の手続き

 医療費控除を受けるには確定申告で申請する必要があります。
 申告できる期間は毎年翌2月16日~3月15日となります。

■申告方法には3つあります

申告の3つの方法
  1. ①.直接税務署に立ち寄る
  2. ②.税務署に書類を郵送する
  3. ③.インターネットを利用する

①と②は医療費控除を受ける人の住所があるところを管轄している税務署に提出します。
どこの税務署に提出してもよいわけではないので注意が必要です。

◎申告方法前の準備

①②③すべてに必要になります。

  • ・印鑑
  • ・源泉徴収票
  • ・医療費を証明する領収書やレシート
  • ・還付金の振込先の情報
  • ・マイナンバー
  • ・国税庁のサイトからダウンロードできる2つの書類
  • ・確定申告書申請用紙

【確定申告書申請用紙ダウンロード方法】
 サイト内の「作成開始」から入って、印刷用の「書面提出」から入ってください。 指示に従っていくと書類が作成できます。 医療費集計フォーム サイト内の左のほうにある、医療費集計フォームからダウンロードが可能です。 ダウンロードはこちらから

③のインターネットでの申告は「e-Tax」という名前の納税システムです。
「e-Tax」で申告するには、①,②で準備するものに加えて以下が必要になります。

  • 1.利用するパソコンが推奨環境を満たしている
  • 2.マイナンバーカードを取得している
  • 3.電子証明書
  • 4.ICカードリーダライタ(家電販売店などで購入可)

が必要であることなどの必要条件があります。
24時間いつでも申告可能なのが利点ですね。

医療費控除をするための注意

医療費控除の注意点

医療費控除をするために、注意してほしいのが領収証を無くさないようにすることです。 確定申告に提出する際にはレシートや領収書の原本の添付が必要になってきます。 コピーしたものでは申告ができないこともありますので、しっかりと無くさないように1年分の医療費の領収証を残しておく必要があります。 医療費の領収証は、1つのファイルに家族分もまとめるなどしておくと無くさずにすみそうですね。

医療費控除の質問

Q.医療費控除の申告期限をすぎてしまった
A.医療費控除は5年間はさかのぼって申告をすることができます。 その間に申告することで、前年の医療費控除も受けることができます。
Q.申告した領収書は戻ってきますか?
A.基本的には申告に使用した領収証は戻ってきません。返却を希望される場合には、申告書を提出する時に添付せず、提示するようにしてください。 郵送で書類を提出する場合、領収書を返却してほしいことを書面にして同封するだけではなく、返信用の封筒と共に送るようにしてください。
Q.医療費の領収証を探してもでてこない
A.管轄の税務署に相談してください。どうしても見つからない場合は、かかった領収書の再発行を依頼してみましょう。 断られることも多いかと思いますが、ほとんどの病院が再発行を行っていないことを念頭に置きましょう。
recruit news

top