日進の歯医者なら日進赤池たんぽぽ歯科 メニュー

お子様が生涯虫歯にならないような治療を心がけてます

日進赤池たんぽぽ歯科の福村院長

乳歯は抜けて生え変わるから放置しても大丈夫、というような考えの方は今は少なくなってきていると思います。 今は歯医者は子供の虫歯を治すところ、というより虫歯にならないように予防をするところであるべきと考えています。

お子様のうちからきちんと虫歯・歯周病について知っておくことが生涯の歯の健康につながります。 乳歯のときから口腔内に虫歯菌がたくさんいる状態というのは永久歯になってからもお口の健康に影響します。

また、乳歯が虫歯になってしまうと永久歯の歯並びに影響がでることもあります。 ご家族の皆さんと当医院が協力してお子さんが大人になっても、年配になったときでもご自身の歯で食事をしていただくことを目標に診療に当たっています。

愛知県の多くの子供は保険診療が全額補助の対象です

対象者

年齢 中学生迄(15歳に達する日の年度末まで)
地域 日進市、長久手市、名古屋市などの愛知県内詳しくは各自治体にご確認ください。
来院時の持ち物 初回、月初め
  • ・保証書
  • ・医療費受給者証
2回目以降
・診察券
日進市の子供医療費について

日進赤池たんぽぽ歯科の小児歯科への4つのこだわり

トレーニングでゆっくり慣れていきます

子供が歯医者を嫌がらないするために

歯が生え始めたお子様くらいの年齢というのは、歯医者をほぼ怖がります。 そんなお子様を押さえつけて治療をしては「歯医者=怖いところ」という印象が強くなってしまいます。
最初はお母さんと座って診療を受けていただきますが、だんだん1人で座れるように、ご家族の声かけではなく先生の言葉でお口を あーんできるようにゆっくりと慣れていくよう診療いたします。

奥歯の溝を虫歯から守るシーラント

歯を削らずに治せるシーラントとは

当院では、お子様の虫歯予防の一つとして、シーラントの塗布を行っています。 シーラントを歯の溝に塗ることで、虫歯菌の侵入を防ぐことができ、虫歯から歯を守れます。 特に小さなお子様ですと、磨き残しが多いので、大人と比べ虫歯になりやすいです。 ただし、シーラントにもデメリットはあります。シーラントのデメリットが...!?

フッ素で強くて虫歯になりにくい歯に!

歯を強く育てるフッ素

フッ素は再石灰化を促進し、歯の修復を促す成分です。 歯の再石灰化にあたり、フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついて、硬い構造を作りあげます。 この構造で歯が作られると虫歯になりにくい歯になるのです。
歯は常に溶けて、新しく作られてということを繰り返していますので、定期的なフッ素塗布をお勧めしています。

乳歯の初期虫歯にはサホライドを塗布します

サホライドで虫歯の進行を防ぐ

乳歯の初期虫歯に対して、ご家族の同意があった場合に使用するのがサホライドです。 これは虫歯の部分に塗布をすると進行を抑えられるという効果があります。
治療をとても怖がってしまうお子さんに行う治療です。 治療後にサホライドを塗布したところが黒くなってしまうために永久歯の虫歯や、ご家族の同意が無い場合にはいたしませんので塗布する際にはご相談いたします。

こんな場合はどうするの?

お子さんのお口の中にこんなことがあったときは? お子さんをもつ方が、比較的直面するような症状を3つ挙げました。 なんてことない、と思って放置すると実は虫歯だった・・・ということがあるかもしれません。

乳歯の表面に白い点がある

虫歯は黒いものというイメージですが、実は初期の虫歯は白っぽいことがあるのです。 早めのケアで深い虫歯にならずに済むかもしれません。 医師による診断を受けることをお勧めします。

乳歯が中々抜けない

乳歯が抜けないうちに永久歯が生えてきた、中々乳歯が抜けないという状態がでてきます。 問題ない場合も多いですが、大切な歯のことですからこういったお悩みをお持ちの方でも診療させていただきます。

子供が歯磨きを嫌がる

歯磨きを嫌がるのには理由があります。 歯ブラシがあたるのが嫌なのかもしれません。 でもここで諦めてしまうのではなくお子さんの自立心を育てるために、時間をかけて歯ブラシに対しての嫌悪感をとっていくことが望ましいです。 歯磨きの後はたくさん褒めてあげてください。
子供が歯磨きを嫌がる

日進赤池たんぽぽ歯科では、なるべくお子様に楽しんで通っていただくために、なるべく「怖くない」「痛くない」治療を心がけます。 出来てしまった虫歯に対しては治療をもちろん行います。 乳歯は永久歯に比較して柔らかく進行が早いのです。 しかし、定期的なケアで虫歯そのものを遠ざけることができれば、治療時間が長くなることもありません。 お子様に、“歯医者は歯をきれいにするところ”といったイメージをもっていただければという思いで診療していきたいと思います。

recruit news

top